トップ

近年の通勤車輌について

私が小学生だった昭和50年代、日本全国に走り巡らせていたブルートレイン、特に各列車ごとにデザインの異なるヘッドマークが好きで、当時住んでいた岡山で友達と駅までカメラを握って出掛けていました。たまにですが、列車の時刻に合わせて夜な夜な撮りに行ったこともありました。でももうそんな列車達は時代の波に圧されて次々と廃止され、今ではもう東京〜東北・北海道方面だけの運行になってしまいました(寝台電車としては他...

若い世代のバイク免許離れについて

スーパースポーツバイクやレプリカバイクと呼ばれているカウルが付いているようなスピードが出るバイクが最近は人気がなく生産台数も減ってきていて、ハーレーのようなアメリンカンやビッグスクーターが多くなっているが走る楽しさではスーパースポーツのほうが上だと思います。事故も多いバイクですが若い世代に正しい教育をして走る楽しさを教えることができればシェアを増やすこともできると考えます。個人的には各メーカーから...

幻の名機は何といってもジャンボです。

初めて飛行機に乗ったのは1969年にアメリカ留学のときでした。親からもらった片道切符を手にどきどきしながら飛行機に乗り込みました。当時はDC10だったと思いますが、がたがたと音を立てながらの飛行でした。窓から翼が見えましたが、まるでブリキが風でがたがた揺れているように見えました。少し怖くて、中継地のホノルルに下りたときは、ほっとしたことを覚えています。あれから40年以上たちました。何10回も飛行機...

最近の鉄道オタクの環境

家が駅前にあり、ベランダから電車が見えるので子供が鉄道に興味を持ち始めたのは、小さい時からでした、休みの日には毎週JRから私鉄まで色々な電車に乗りに行きました。字の読み書きも、まずは駅名や行き先表示の文字から覚え始め、難しい漢字も苦労することなく読み書きできるようになりました。春休みや、夏休みは鉄道旅行が毎年繰り返されました。時刻表を自分で読んで、日程をたて、朝から晩まで鉄道に乗り続けるのです。高...

オートバイ販売台数と現在の衰退

結婚を機に妻が車を使うため、通勤用に二種原付を購入した(私は元々普通自動二輪免許を持っていた)。小回りが利き便利なため、妻も乗りたくなり普通自動免許を取得した。自動車学校でその後型自動二輪免許の講習を受けると安く済むこともあり、大型自動二輪の免許を取得することができた。夫が普通二輪までというのは何とかしたいと思い、自分も大型自動二輪免許を取得した。夫婦でバイクツーリングに出かけたり、オートバイが共...

鉄道の目的は速く、多くの乗客を運ぶ事だけか?

鉄道が好きな娘(当時小学生低学年)と、JR九州の色々な列車に乗りに行った時の話。旅行の締めくくりとして、由布院から特急「ゆふいんの森」に乗って博多を目指した。ところが、日田駅に到着したところで豪雨の為に列車がストップ。駅の外に出てみたが、走れない程のひどい雨ではないと思われた。どうもこの先がひどいらしい。しばらく停車する事はわかるのだが、いつ頃走り出すかのメドが立たないので、今の内に夕食をと、近く...

鉄道の民営化

日本全体が収縮していく中で新規鉄道建設は直近の経済効果だけに基づいて判断され、否定的な評価により建設断念、整備断念という判断が数多くなされます。しかし大型公共投資は直近の損得ではなく100年先の国づくりはどうあるべきかで判断されるべきであり、リーダーシップを発揮できる人物の台頭を期待したい。JR東海の自力でのリニアー開発の英断には喝采を送りたいし国も積極的に支援してほしい。整備新幹線や通勤路線の整...

世の中の流れかな

30年以上前の大学2年、3年の夏休み合計3か月をかけて日本一周をしました。当時、24時間のコンビニもガソリンスタンドも無く今よりも不便のように思えますが、みんな、暖かかったように思えます。大きな荷物を後ろに積んで走っているだけで対向車とピースサインの連続、地元の自動車マニア、暴走族のお兄ちゃんにも話しかけられたり、取り締まりをしているおまわりさんに親切にされたり・・・。とまりは、ユースホステルか、...

整備新幹線について思うこと

過去には地図上を賑わしていた路線網も時間とともにまばらな寂しい眺めに変わっていく。一度乗車したいと思っていてもなかなか機会がなく消え去ってしまう鉄道路線がある。意を決してはるばる尋ねてみると同じ思いの人も多く、廃止予定路線でありながら人であふれ返っている。乗車密度が低いために廃止となるのにいざ廃止と決まると、一時的に乗車人数が増加する。皮肉なものだが致し方ないことと思うしかない。出来ることなら普段...

整骨院で保険治療できないリハビリ

以前、母が脳出血を起こし左半身が不自由になった時病院のリハビリではあまり回復見られず放り出されてしまい整骨院に行く事に。ところが先生に伺うと脳出血のリハビリは業務範囲外で保険治療できないとの事。自費でお願いし一月10回ほどの治療でほぼ全快に。途中で患者を放り出すような病院でも保険が利くのに、きちんと治療してくださる整骨院が保険取り扱いできないのはなぜなんだろうとすごく疑問に思ったことがありました。...

1 | 2